直近20日間の成績

対象日 サイン 利益 対象日前日の
NYダウ変化
対象日の
日経平均先物変化
2019/04/19(金)

50 96.17 -50
2019/04/18(木)

見送り

- -18.99 -160
2019/04/17(水)

見送り

- -29.53 10
2019/04/16(火)

見送り

- -22.99 90
2019/04/15(月)

見送り

- - 80
2019/04/12(金)

見送り

- -45.16 140
2019/04/11(木)

見送り

- -16.55 20
2019/04/10(水)

140 -92.96 140
2019/04/09(火)

見送り

- 28.35 -30
2019/04/08(月)

見送り

- - -170
2019/04/05(金)

-30 171.21 30
2019/04/04(木)

見送り

- -19.90 -30
2019/04/03(水)

見送り

- -34.42 160
2019/04/02(火)

180 183.32 -180
2019/04/01(月)

見送り

- - -50
2019/03/29(金)

見送り

- 24.14 -60
2019/03/28(木)

-70 -50.75 -70
2019/03/27(水)

見送り

- 8.17 90
2019/03/26(火)

見送り

- 26.11 170
2019/03/25(月)

見送り

- - -250

月単位損益曲線[NYダウ変化幅が 50ドル以上の場合]

年月取引回数
合計
勝率 総利益 総損失 損益 損益
(通算)
2019/044 75 370 30 340 10,230
2019/0310 60 530 610 -80 9,890
2019/028 50 690 600 90 9,970
2019/0111 63 710 330 380 9,880
2018/1211 45 630 1,300 -670 9,500
2018/1115 60 1,360 980 380 10,170
2018/1015 66 1,620 1,010 610 9,790
2018/0911 63 1,060 280 780 9,180
2018/0814 64 1,150 620 530 8,400
2018/0714 71 730 450 280 7,870
2018/0611 72 840 200 640 7,590
2018/0510 60 510 440 70 6,950

スポンサーリンク

検証結果[NYダウ変化幅が 50ドル以上の場合]

直近20日の成績 全体
対象期間2019/03/25

2019/04/19
2007/01/17

2019/04/19
勝ち回数(回)3705
負け回数(回) 2639
引き分け回数(回) 057
見送り回数(回) 151599
勝率(%)60.0050.32
損益(円)270[370:100]10,230[80,980:70,750]
平均利益(円/取引)547
最大利益(円/取引)1801,340
最大損失(円/取引)-70-1,160
プロフィットファクタ3.701.14
ペイオフレシオ2.471.04
破産確率(%)
[バルサラの破産確率表]
050
最大連続負け回数(回)19

 各種データの取得は自動+手動で行っているため、データの反映が遅くなる場合があります。また自動的に取得しているデータがたまにとれない事もあるため、その場合は後から修正となるためご了承願います。
※当日データの更新は通常AM8:00-9:00頃になります。

検証の前提条件

 本ページで検証を行う際の条件についてもう少し細かく規定してみました。
 ベーシックなデータとして利用できるようできるだけシンプルな条件のみ設定しています。
 

検証の前提条件
前日のニューヨーク市場のダウジョーンズ工業平均の終値が始値より 50 ドル以上大きい場合→寄り付き買い、引け売り
前日のニューヨーク市場のダウジョーンズ工業平均の終値が始値より 50 ドル以上小さい場合→寄り付き売り、引け買い
前日のニューヨーク市場のダウジョーンズ工業平均が休場の場合→取引をしない
月曜日は取引をしない:(前日が日曜日でニューヨーク市場のダウジョーンズ工業平均は休場の扱いとする。
利食い、損切りは行わない。
対象は検証期間を長くとりたかったので、日経225先物(large)。
ナイトセッションは考慮せず、寄りは8:45(以前は9:00)、引けは15:15とする。

 NYダウにボラティリティが発生し、急落、急騰、暴落、暴騰そして反落といったジェットコースター状態になってます。[2014/10/18]
 トレーダーとして個人的な興味でダウ変化幅が200ドル以上(暴騰、暴落したと仮定)の場合を検証してみましたのでせっかくなので公開しておきます。

 NYダウの変化幅も条件に必要では?というご意見をいただきました。[2014/9/30]
方針としては上でも書いていますがシンプルな条件の統計結果という事で掲載しているため、変化幅は考慮していませんが 興味のある方もいらっしゃるようなので100ドル以上の変化時と50ドル以上の変化時の条件を追加したバージョンも確認できるようにしました。
※細かい条件を指定できるようにする事も可能ですが、最適化が目的ではありませんのであしからず。

NYダウ変化幅が50ドル以上の場合
NYダウ変化幅が100ドル以上の場合
NYダウ変化幅が200ドル以上の場合
NYダウ変化幅の条件無し

Copyright (C) 2011-2019 トレードメモ All Rights Reserved.